FC2ブログ
HOME   »  2019年07月
RSSフィード
というわけで今年も行ってきました。鈴鹿8耐

今年は金曜日の仕事は午後半休にし、金曜日の夕方に鈴鹿の実家に到着。
で、金曜日は家族で宴会。三重にいるのに三河ビーフを食べました(笑)
※私の住んでるところが三河地方。三重で有名なのは松阪牛。

土曜日はうちの実家に後輩のピー介が朝イチで到着。
そして、ピー介とともに嫁さんに白子駅経由で鈴鹿サーキット入りしました。
白子ではほっそ氏をピックアップ。
現地で後輩のずきぽん(初8耐)と合流しました。
土曜日のお目当てはブース巡りと、トップ10トライアル。

IMG_2684.jpg

IMG_2686.jpg

IMG_2688.jpg

IMG_2691.jpg

IMG_2695.jpg

IMG_2701.jpg

IMG_2706.jpg

天気があいにくの雨だったのでトップ10トライアルは中止。
トップ10トライアルのかわりに計時予選をするかな、と思ってましたが
計時予選もやらなかったので、早々に実家に帰り、赤からで宴会しました。

決勝日は願ってもないピーカン晴れ。
決勝の前に、我らが青木琢磨さんがデモランを行うということで
デモランに間に合うように9:30には現地入り。
青木三兄弟のことを考えると、胸にこみあげるものがありました。

そしていよいよ決勝。
私の予想としては、最初っからバチバチのドッグファイトかと思いきや
やはり、3メーカーがワークスチームともなると1スティント目は牽制。
まじで不気味。なんか虎視眈々と狙ってる感じがありました。
レースは1回目のピットインまで動かないなー、と思い
BASE8耐の方まで移動。サンプラザ中野くんがランナー歌ってました。
だけど、我々の目的はコレ。

IMG_2717.jpg

水ぶっかけられるやつ。
数年前まではFMX(フリースタイルモトクロス)のオマケで水のぶっかけが
あったと記憶していたのですが、今年はぶっかけイベントが独立したようです。

その後は日立オートモティブシステムズシケインに移動し、鈴鹿サーキット名物
焼肉弁当を食しながらレース観戦をしていると、二輪部OBの先輩と遭遇。
先輩と行動を共にすることに。
ヘアピン→130R→逆バンクと回り、17:45ぐらいかな?
グランドスタンドに戻ってきました。

まあ、工程の話はここまでにしておいて…


おめでとう!カワサキレーシングチーム!!
でも正直めっちゃ悔しい



去年までは全日本やWSBKの観戦なんてほとんどしてなかったし
事前テストの情報チェックなんてことも全然していなかったので
贔屓のチームが負けたところで特に何の感情も沸きませんでしたけど…
今年なんて事前テストの情報チェックまでして、なんなら事前テストも
見に行きたいなー、なんて考えていたぐらいでしたので…

しっかし、事前テストほとんどナシであの夕方の時間帯に
バックマーカーパスしながら6秒台で走るとか、、、
どないなってんねん、ジョナサンレイ
そら勝てませんわ。
ただ、高橋巧選手の終盤のダブルスティントは多くの人々の心を
動かしたんじゃないかなーと思います。あそこはかなり盛り上がったのではないかと。
丁度、巧選手がピットから出て行ったときに、Twitterで
キャメルバッグ(レーシングスーツについてる飲み物入れるやつ)は空。
しかも、シールドはスモークのまま出て行ったとのことでしたので
かなり心配でした。でも、彼の性格からするとあの状況では
彼自身が走行しないと納得しなかったんではないかと思います。

でも、今年のレースは本当にいいレースを魅せてもらったと思います。
スプリント耐久という言葉がそのまま当てはまるレースだったかと。
カワサキの完璧なレース運びも圧巻でした。
だって、普通6秒台出せるならあそこまでとっておかなくない???
まあ、路面の温度も下がってきたから出しやすい環境だったとも
言えなくもないですが。

ヤマハの中須賀VSジョナサンのバトルも単純にスピード勝負だけではなく
いかにマシンを温存しつつ、リードを広げられないようにプレッシャーを
かけるという駆け引きを見ることが出来たのも良かったかと思います。
巧選手も中須賀さんも今回の8耐の経験でもう1ステージ上に行き
全日本自体のレベル向上に繋がるといいなぁ、と素人ながらに思いました。



色々書きましたが…
一番、不憫なのが渡辺一馬選手
今回カワサキブースに来てはいたのかな?
ですが、ヤマハの野左根くんとは違い、スーパーサブとしての役割もなく
8耐を過ごしたようです。

一方、同じチームグリーンの後輩の岩戸くんはRS ITOHから参加していたようだし
モチベーションが低下していなか心配です。
TK BLUE MAXの津田選手も8耐ウィーク中に話題になることがなかったので…。
実は、地味に応援している選手です。
トップ10トライアルの暴れん坊将軍。
来年、アレを聴けることを楽しみにしています。
スポンサーサイト



IMG_6950.jpg

P7291574_2019072422385061a.jpg

さて、今年もライダーのお祭り、鈴鹿8耐ウィークとなりました。
私としては2011年よりずーーーっと観戦しており、なんと今年で
9回連続観戦となります。これも実家が鈴鹿にあるからなせる技。
8耐中は嫁さんと子供は実家の母と遊んでてもらう予定です。
今年も見どころのある8耐になるから観ておいで、と
理解してくれる嫁さんにも感謝です。

で、9回目の8耐なんですが、実は全日本ロードレースと
WSBK、MotoGPと本格的にシーズンを通してロードレースを
観戦するようになったのはここ2年のことです。
(それもこれもヤマハが8耐で3連覇した辺りから
ちゃんと応援するチームを決めようと思ったのがきっかけです)

というわけで、本日行われた第2回合同テストの内容から
各メーカーの状況について、私なりの分析をしてみました。

①HONDA系(HRC/ハルク/TSR/モリワキ/auテルル...)
ここが私の応援しているHRCです。
まあ、ひいき目をなしにしても速いです。
今年に入ってからJSB1000で調子がうなぎ登りの高橋巧選手。
鈴鹿では2分3秒台を出してますんで、きっと回りとは違う景色が
見えてるのではないかと思います。
そして、ブラドルはこの前のドイツGPでも何気に10位を走っていたし
実力としては申し分ないです。
今回のキーを握るのは清成選手になるかと思います。
正直、私がレース観戦をするようになってからの清成選手は
転倒が多いイメージが付きまとっていまして、そこだけが不安です。
ただ、今回はキーマンが後輩の巧選手と考えているらしく
一歩引いている印象があります。
とにかく、てっぺんに乗れるか、どうかは清成選手の活躍次第かな、と。
あと、ハルクプロもTSRもアレ、ワークスマシン付与されてますよね。
タイム出すぎ。
モリワキもauテルルもかな?
Moto2ライダーの長島選手も1回目の合同テストで6秒台出してますし
天候次第ではauテルルが結構いいポジションに上がってくるんじゃないかな

②YAMAHA(YFR)
YAMAHAファンの心配はアレですね、中須賀さんの追い込まれたときの
弱さ問題です。
今年のJSB1000の鈴鹿でも、巧選手が速すぎて深追いしすぎて転倒して
リタイアになってますし、昔JSB1000が16.5インチ→17インチになったときに
転倒しまくってましたし、今年のJSB1000もリズムを崩したままなので
今年はちょっとウィークポイントになってくるのでは、と考えています。
ただ、合同テストでは一発のタイムは出してはいないものの、
恐らく、3人のアベレージタイムの底上げを狙っている模様です。
例年では中須賀さんのポジションを元にマシンを仕上げるそうですが
今年はマイケルだっけ?ロウズだっけ?とにかく中須賀さん以外の
ポジションでマシンを仕上げているようです。
一発のタイムは無いものの、やはり今年も強いかと思います。

ホンダファンとしては、スタートはやはり中須賀選手が担当すると思うので
そこで巧選手にスーパーラップで走ってもらって、中須賀選手の
リズムを崩してもらえば勝機も出てくるのではないかと思います。

③KAWASAKI(KRT)
事前テスト見る限り、マシンもライダーも鈴鹿に
適応してないのではないかと思います。
というのはこれまでにも何度か事前テストはあったのですが
WSBKライダーのみで構成されていたため、ほとんど事前テストで
走り込んでないんですよね。私、個人としては何故、渡辺一馬を
外したのか、と。
ヤマハが事前テストでスーパーサブ野左根を走らせたように
事前テストぐらいは一馬選手をを走らせるべきだったように感じます。
日本人ライダー軽視しすぎているのではないかなー、と。
それでも、やはりジョナサンの存在感は強く、合同テストの
タイムを見ていても三味線引いているだけのような気がします。
明日のテストの結果が出てくるともっと予想もつくようになっているかも。

④スズキ系(ヨシムラ/TK BLUE MAX...)
ごめん、マシンもライダーも負けてるわ…
個人的にはYoutubeで見つけた津田(兄)選手の
インタビューがちょっと悲しくなりました…



改造範囲の狭いSSTクラスであれば
青木宣篤選手のところが結構いいセン行くのではないかと思います。
いきなりですけど、ツーリングメインのSS乗りを悩ませる問題。

土下座ポジション、灼熱のフレーム、そして今回のテーマである『積載量

例に漏れず、私の愛車であるCBR600RRも積載には苦労しています。
でも、何度もキャンプツーリングに行っています。
じゃあ、積載はどうしているのか???

P6084140.jpg

512cRkWTAzL.jpg

そう、キャンパーお馴染みのTANAXのシートバッグを使用しています。
夏の北海道で道内ナンバーじゃないバイクの大半がこのバッグを
装着しているといっても過言ではないぐらいメジャーなバッグです。
このバッグ、色々なサイズが発売されていますが、私はSSということを
考慮して、39~59Lサイズのフィールドシートバッグを使用しています。
ツレは59~75Lサイズのキャンピングシートバッグ2を使用していますが
正直、SSのシートにつけようとするとちょっと横幅が大きすぎる感じです。
ただ、あの容量は羨ましいときがあります。

で、取り付けなんですが、シートバッグの前2箇所、後2箇所に付属の
ベルトを接続します。

IMG_2015.jpg

ベルトの固定先は、タンデムステップとリアウインカーに接続しています。
ただし、これ、フェンダーレスにしちゃうと出来ないんです。
※どこのキットを使うかによっては出来ます。

で、今の私のCBRの状態。

IMG_6684.jpg

IMG_6685.jpg

フェンダーレス仕様ですね。
Amazonで購入したフェンダーレスと、アクティブのナンバープレート横に
ウィンカーもってくるキットを組み合わせたオリジナルフェンダーレス。


そうです!!
ベルトをひっかけるところがないんです!!



では、どうやってキャンツーに行っていたかというと…
実はこの仕様になってからキャンツーに行ったことがありませんでした。
しかし、今回キャンツーに行くことになったので
急遽対策を考えないといけないこととなりました。
選択肢としては2つ

①タンデムシート加工
⇒ヤフオクでタンデムシートを購入し、タンデムシートに平板をボルト締め
 その平板に穴やらなんやら開けてやって、そこにベルトを通す方法

ダウンロード
こんなイメージです。

 メリット:自分で作るので自由度が高い
 デメリット:時間がかかる

 で、ヤフオクでCBRのタンデムシートを探すと相場が4000円。
 時間もかかるのでこの選択肢はスルーとなりました。

②Kベルトシステム流用
⇒聞いたことある人も多いかと思うKベルトシステム。
 これがまあ、また画期的なシステムなんです。
 詳しい説明はTANAXさんが公開している動画をご覧ください(笑)

 

 要は、簡単に取り付けが出来てズレないんです!

 実は日帰りツーリング用に使っているシートバッグはKシステムベルトを
 使っているので効果の程はこれでもか、とわかってるつもりです。

 ということで、これを使うことに。



そんなわけでTANAXのページで私の使用しているフィールドシートバッグ
ページを覗いてみると…

kシステム

え???
Kシステムベルトに対応してないやん???
Kシステムベルトのバックルには色々な大きさがあり
その大きさが違うので装着出来ないのかな、と考えましたけど
その後、Amazonを漁っていると興味深いレビューを見つけました。

Kベルトシステム

KベルトシステムT25のレビュー内容なのですが…
MFK-102ってのはタナックスのキャンピングシートバッグ2のことです。
このキャンピングシートバッグ2は私の使用しているフィールドシートバッグ
容量違いなだけで寸法や構造は同じなので購入してみました。
レビュー通り、問題無く取り付けることが出来ました







予定していたキャンプが雨で流れたため
レビューは今度キャンプツーリングに行けた後にしたいと思います。
そのため取り付けの写真無し(笑
唐突ですが、私が大学の二輪部に入部したのは2009年4月でした。
ということは、二輪部に入部してからもう10年の月日が流れたわけです。
そりゃあ、当時、1、2年でバイクを乗り換えていた(壊していた)私も、
バイクが長持ちするようになるわけですね。(CBRは来年3回目の車検)

というわけで、二輪部の同期達と知り合って10周年ということで
原点回帰ツーリングに行ってきました。
行先は、同期達だけで初めて走った茶臼山
このブログでも度々登場したツーリングスポットです。

 ・2012.06.03 【芝桜】2012.06.03 茶臼山ツーリング【3km渋滞】
 ・2011/07/18 岐阜ツーレポ 前編
 ・2011/07/05 茶臼山ツーリング

日程は6/1-6/2。
6/1に茶臼山ツーリングをし、その日は新築の我が家で宴会。
翌日、みんな、のんびりと帰路(埼玉・茨城・千葉)に着くという計画でした。
ただ、埼玉のツレだけは体力に自信が無いので5/31の深夜に我が家にきました。

で、新築なんで彼は我が家の場所を知らないわけです。
で、新築なんで住所を伝えてもGoogle Mapに載っていないわけです。



なのに…



なのに…




がおー氏、iPhoneの液晶死ぬ



まあ、そこんところは携帯叩いたり、ハードスイッチ連打しまくったりして
(なんか途中でSOS?とか言って変なところに電話かかってたような気がするけど
なんとか連絡を取ることができ、なんとかツレのみる君を我が家に招くことが出来ました。



6/1
この日は、俺の同期がくるからこいって言っておいた後輩のかずしげも
我が家に呼んで、みる君とかずしげと私で茶臼山に出発です。
iPhone死んでるからめっちゃ不安だったけど…

IMG_2229.png

ルートはこんな感じ。
この時期、芝桜でめっちゃ渋滞しているので迂回ルートです。
初めての茶臼山ツーリングもこっちのルートから登って、先輩たちから
普通はそっちからのぼらねーよwwwって言われた覚えがあります。

途中、コンビニ、道の駅でほっそ氏と、コモリ氏を拾って
計5台で茶臼山を目指します。
ちなみに、みんな、インカム装備(SENA 30k)なんでめっちゃ快適です。
もう中華インカム使えねぇ。

P6011380.jpg

そして、渋滞に巻き込まれることなく芝桜の会場に到着。
途中、気持ちよく走れる区間があったので
ついついスロットルあけちゃいました。

ファミリー連れや、カップル連れの中を野郎5人(アラサー)で歩く我々。

そして、そんなことも気にせず、せっかくだから記念撮影しようと自撮りをしていると…



???「がおーさん」



職場の後輩でした…。
いや、別にええんやけど。
ちょーーーーーーーーーーーーっとだけ恥ずかしかったといえば恥ずかしかったです(笑)

みんなで芝桜を満喫した後は、10年前にみんなで写真を撮った場所で
バイクを並べて写真を撮りました。
残念なのは、当時、バイクの写真しか撮っておらず、本人達の顔を撮影してなかったこと。
人の写真撮らずにバイクしか撮らないってバイク部あるあるなんですかね。

2009年
IMG_2240.jpg
イナズマ1200(みる) / NS-1(ほっそ) / ぜルビス(がおー)








2019年
P6011387.jpg
Ninja1000(みる) / YZF-R6(ほっそ) / CBR600RR(がおー)



みるくんだけ排気量小さくなってますね(笑)
また、10年後も同じ場所でみんなでバイク並べて撮影出来たらサイコーですね!
我が家での宴会は、みんな疲れているのと、みるくんが次の日早いってこともあり
早い時間にお開きになりました。
翌日は奥浜名オレンジロード経由でさわやかに行き(私とかずしげはクルマ)、
げんこつハンバーグを食べて、帰っていきました。

IMG_2239.jpg

IMG_2244.jpg
プロフィール

我王(がおー)



Author:我王(がおー)

愛車
・メイン:CBR600RR
・サブ:GRAND MAJESTY250
・アウトランダーPHEV

これまで所持したことのあるバイク
・XELVIS
・NSR250R
・RGV250γ
・KDX250SR
・ZOOMER
・エイプ50
・NSR50R
・TZM50R
・JOG
・ZIP50

所属
・TUT_MOTORCYCLE←卒業
・RT悠平会

その他とか
・TwitterID:NSR250R_MC21
・mixi:http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4138539

最近のコメント
Twitter...

NSR250R_MC21 Reload

ヤフオク出品中
ブログ内検索
Webike
FIVE ファイブ/STUNT EVO REPLICA [スタントエボ レプリカ] グローブ
FIVE ファイブ/STUNT EVO REPLICA [スタントエボ レプリカ] グローブ
サマーシーズンに使用してます。レーシンググローブみたいなフィット感。 FIVE ファイブ/RFX3 グローブ
FIVE ファイブ/RFX3 グローブ
SIDI シディー/VERTIGO(ベルティゴ) オンロードブーツ
SIDI シディー/VERTIGO(ベルティゴ) オンロードブーツ
Sena セナ/20S ブルートゥースコミュニケーションシステム/インターコム
Sena セナ/20S ブルートゥースコミュニケーションシステム/インターコム
RK /メガアロイX ブレーキパッド
RK /メガアロイX ブレーキパッド NSR250

俺は毎回、コレ入れてます。

LIBRAPRO  /BARK-SP M-9 チャンバー
LIBRAPRO /BARK-SP M-9 チャンバー NSR50

Nチビのチャンバーと言えばコレやで?

SHIFT UP シフトアップ/レーシングリアショック
SHIFT UP シフトアップ/レーシングリアショック NSF100

サスをOHするよりコッチのが安いことも。

CF POSH CF ポッシュ/RACING C.D.I. スーパーバトル
CF POSH CF ポッシュ/RACING C.D.I. スーパーバトル NSR50

ノーマルのNチビに手を入れるならまずコレから。 YAMAHA ヤマハ/オートルーブ スーパーRS 1L
YAMAHA ヤマハ/オートルーブ スーパーRS 1L
MOTOREX モトレックス/CROSS POWER 2T 2サイクルオイル  M/F3 [1L]
MOTOREX モトレックス/CROSS POWER 2T 2サイクルオイル M/F3 [1L] オフロード車専用
混合仕様のNSR250に入れてる人がちょこちょこいるオイル Hiroko 広島高潤/KZフォーミュラ2[1L]
Hiroko 広島高潤/KZフォーミュラ2[1L]
騙されたと思って入れてみな Jトリップ /ショートローラースタンド
Jトリップ /ショートローラースタンド
悪いことは言わないからメンテスタンドは安物買わずにJトリップにしとけ RSタイチ RS TAICHI アールエスタイチ/RSB267 ウエストバッグ(L)
RSタイチ RS TAICHI アールエスタイチ/RSB267 ウエストバッグ(L)
RSタイチ RS TAICHI アールエスタイチ/RSS006 DRYMASTER (ドライマスター) BOA (ボア) ライディングシューズ
RSタイチ RS TAICHI アールエスタイチ/RSS006 DRYMASTER (ドライマスター) BOA (ボア) ライディングシューズ
タナックス モトフィズ TANAX motofizz/シェルシートバッグMT
タナックス モトフィズ TANAX motofizz/シェルシートバッグMT

PAGE TOP