FC2ブログ

【キャンプツーリング】CBR600RR積載難しすぎ問題【不可能】

いきなりですけど、ツーリングメインのSS乗りを悩ませる問題。

土下座ポジション、灼熱のフレーム、そして今回のテーマである『積載量

例に漏れず、私の愛車であるCBR600RRも積載には苦労しています。
でも、何度もキャンプツーリングに行っています。
じゃあ、積載はどうしているのか???

P6084140.jpg

512cRkWTAzL.jpg

そう、キャンパーお馴染みのTANAXのシートバッグを使用しています。
夏の北海道で道内ナンバーじゃないバイクの大半がこのバッグを
装着しているといっても過言ではないぐらいメジャーなバッグです。
このバッグ、色々なサイズが発売されていますが、私はSSということを
考慮して、39~59Lサイズのフィールドシートバッグを使用しています。
ツレは59~75Lサイズのキャンピングシートバッグ2を使用していますが
正直、SSのシートにつけようとするとちょっと横幅が大きすぎる感じです。
ただ、あの容量は羨ましいときがあります。

で、取り付けなんですが、シートバッグの前2箇所、後2箇所に付属の
ベルトを接続します。

IMG_2015.jpg

ベルトの固定先は、タンデムステップとリアウインカーに接続しています。
ただし、これ、フェンダーレスにしちゃうと出来ないんです。
※どこのキットを使うかによっては出来ます。

で、今の私のCBRの状態。

IMG_6684.jpg

IMG_6685.jpg

フェンダーレス仕様ですね。
Amazonで購入したフェンダーレスと、アクティブのナンバープレート横に
ウィンカーもってくるキットを組み合わせたオリジナルフェンダーレス。


そうです!!
ベルトをひっかけるところがないんです!!



では、どうやってキャンツーに行っていたかというと…
実はこの仕様になってからキャンツーに行ったことがありませんでした。
しかし、今回キャンツーに行くことになったので
急遽対策を考えないといけないこととなりました。
選択肢としては2つ

①タンデムシート加工
⇒ヤフオクでタンデムシートを購入し、タンデムシートに平板をボルト締め
 その平板に穴やらなんやら開けてやって、そこにベルトを通す方法

ダウンロード
こんなイメージです。

 メリット:自分で作るので自由度が高い
 デメリット:時間がかかる

 で、ヤフオクでCBRのタンデムシートを探すと相場が4000円。
 時間もかかるのでこの選択肢はスルーとなりました。

②Kベルトシステム流用
⇒聞いたことある人も多いかと思うKベルトシステム。
 これがまあ、また画期的なシステムなんです。
 詳しい説明はTANAXさんが公開している動画をご覧ください(笑)

 

 要は、簡単に取り付けが出来てズレないんです!

 実は日帰りツーリング用に使っているシートバッグはKシステムベルトを
 使っているので効果の程はこれでもか、とわかってるつもりです。

 ということで、これを使うことに。



そんなわけでTANAXのページで私の使用しているフィールドシートバッグ
ページを覗いてみると…

kシステム

え???
Kシステムベルトに対応してないやん???
Kシステムベルトのバックルには色々な大きさがあり
その大きさが違うので装着出来ないのかな、と考えましたけど
その後、Amazonを漁っていると興味深いレビューを見つけました。

Kベルトシステム

KベルトシステムT25のレビュー内容なのですが…
MFK-102ってのはタナックスのキャンピングシートバッグ2のことです。
このキャンピングシートバッグ2は私の使用しているフィールドシートバッグ
容量違いなだけで寸法や構造は同じなので購入してみました。
レビュー通り、問題無く取り付けることが出来ました







予定していたキャンプが雨で流れたため
レビューは今度キャンプツーリングに行けた後にしたいと思います。
そのため取り付けの写真無し(笑
スポンサーサイト



CBR600RR バッテリー交換




バッテリー交換。
GSユアサ→台湾ユアサ
ODO 51,424km
台湾ユアサは学生の頃NSR250R(MC21)に使っていたので
すごく信頼があったんだけど、ネットで調べてみると
昔、GSユアサと資本提携があっただけで、技術的なやり取りは無いだとか?
でも、ユアサという名前を使わせるんであれば
一定水準以上の品質はクリアしてるんじゃ無いかな、とも。
何はともあれしばらくは様子見かな?

dominoグリップ交換

どーも、こんにちわ。
この前、伊豆に同期ツーリングに行ってきました。
で、ツーリング前になると何か新しいアイテムを入れたくなるのが



ライダーの性(さが)。



というわけで、今回はハンドルグリップを交換しました。

ハンドルグリップといってもその種類はとてつもなく多いわけです。
でも、私も既にバイク歴10年(原付歴入れると13年)というわけで
それとなく定番グリップというのが決まっています。
定番グリップを紹介しましょう。

honda純正グリップ
HONDA純正グリップ
今までCBR600RRに付いていた純正グリップです。
MotoGPで有名なロッシが大のお気に入りだったグリップらしいです。
バイクの中心側に行くほど細くなっていくのが特徴です。
私もNSR250R時代にはこのグリップを使用していました。
確かにそれまでのグリップと比較すると、スロットルコントロールが
しやすくなった覚えがあります。

proグリップ
PROグリップ
なんとなくですが、原付小僧のイメージが強いです。
なんでだろ…?
感触はぐにゅぐにゅです。振動を軽減してくれるらしいです。
確かNSR250RをゆずってもらったときにPROグリップが
装着されていたような覚えがあります。
ただし、消耗が激しいかな?街乗りする人にはおすすめですが
スポーツ走行でハングオンしたりする人にはあまりおすすめ出来ないかな?

TZグリップ
TZグリップ
こちらはヤマハのオンロードレーサーTZの純正グリップです。
TZのグリップは肉薄で細身なのでスロットルコントロールがしやすいのですが
肉薄なので振動が凄いです。まさにレーサー用途なグリップ。
ツーリングには使えたもんじゃありません。
ひと昔前の走り屋さんが使用してるイメージ。

dominoグリップ
dominoグリップ
最後に今回交換したドミノグリップです。
なんでも二輪レースの最高峰であるMotoGPで使用されているらしいグリップです。
このグリップもホンダ純正グリップと同様に内側にいくごとに
細くなっていくんだったかな?
と、特徴はイマイチ知らなかったんですが、ここ数年で愛用者がグッと
増えたイメージだったので自分で試してみました。
ホンダ純正グリップと比較すると、やや細身のイメージです。
グリップ自体は二層構造になっているため振動も吸収してくれます。
私は今までのグリップだと30分程高速道路を定速走行するとスロットル側の
手が痺れていたのですが、ドミノグリップに変更してからはそれが無くなりました。

ドミノグリップには種類があって、今回私が取り付けたのはストリートタイプになります。
他にもレースタイプ、ツーリスモタイプがあるそうですが
レースタイプはペラッペラなのでツーリングユースには向かないそうです。
ツーリスモタイプは最近新しく追加されたものになり、デザインも豊富です。
ツーリングユースにはいいんでしょうね。
ただ、私はバランスが取れているのはストリートタイプの方かな、と思い
ストリートタイプにしました。



ということで、ドミノグリップおススメです。
ホンダ純正グリップもバランス取れてて悪くはないけど。

チェーンメンテ

チェーンメンテを行ったついでに動画を撮影してみました。
後輩にチェーンメンテについて教えるのにも丁度良いかと思って。



そういえば昔、NSRのスプロケをナメたことを思い出しながら動画の編集しました。
あ、そういえばメーターの距離を確認するのを忘れちゃってたや。

CBRのマフラーについて(スリップオン)

前にも書きましたが、CBRのマフラーをヨシムラのスリップオンに変更しました。
正式な製品名としてはヨシムラ:スリップオン GP-Forceサイクロン」になります。
2013年にCBRを購入して以来、ノーマルマフラーと、TwoBrothersRacingのスリップオンと
アクラポビッチのスリップオンと使用してきたのでその3本と比較してのレビューになります。

まず、このマフラーの購入理由になります。

 ・アクラポビッチの爆音が嫌になってきていた

 ・ツーブラ管入れているときもそうだったけど長距離ツーで高速走ってるときに
  自分のバイクに腹がたってくる

 ・爆音マフラーだとツーリング中にインカム使っての会話がしにくい

 ・後輩のかずしげがGSXにヨシムラのスリップオン入れており
  音量は非常に抑えられているが音質が良い

 ・近所のアップガレージに安くで置いてあった

ということでアップガレージで中古品を購入しました。
私もいい歳になってくるようになったので、爆音で走ることが恥ずかしいと
感じてきたわけですね。
というか、元々爆音嫌いなんだけど、社外マフラーを楽しもうと思うと
必然的に音量が大きめになってしまうわけです。

というわけでヨシムラ管のイメージです。
分かりやすく箇条書きにしてみると…

 ・アイドリングはノーマルマフラー + αほど音量で静か

 ・5回転以上で途端にレーシーなサウンドに変わる

 ・5回転以上だと低音が強調された音に変わる

 ・低速トルクはノーマルマフラーに比べるとなくなる

 ・中高速の伸びがよくなる

ってところですかね。
まあ、概ね満足はしているのですが、思ったより音量が大きかったのが残念です。



この動画は元々、私が社外マフラー入れたいな、と思ったきっかけとなった
ツーブラ管のPR動画なのですが、音量自体はここまで大きくないですが
音質はこの動画に近いものとなりました。
これを理想としていたので理想に近づけたので今回のマフラー交換には大満足です。
低音域を強化するにはカーボンマフラーにする必要があると思ったのですが
チタンでもここまでの音が出るのは驚きでした。嬉しい誤算です。
ただ…音量だけがな…。

プロフィール

我王(がおー)



Author:我王(がおー)

愛車
・メイン:CBR600RR
・サブ:GRAND MAJESTY250
・アウトランダーPHEV

これまで所持したことのあるバイク
・XELVIS
・NSR250R
・RGV250γ
・KDX250SR
・ZOOMER
・エイプ50
・NSR50R
・TZM50R
・JOG
・ZIP50

所属
・TUT_MOTORCYCLE←卒業
・RT悠平会

その他とか
・TwitterID:NSR250R_MC21
・mixi:http://mixi.jp/show_friend.pl?id=4138539

Twitter...

NSR250R_MC21 Reload

ヤフオク出品中

ブログ内検索

Webike

FIVE ファイブ/STUNT EVO REPLICA [スタントエボ レプリカ] グローブ
FIVE ファイブ/STUNT EVO REPLICA [スタントエボ レプリカ] グローブ
サマーシーズンに使用してます。レーシンググローブみたいなフィット感。 FIVE ファイブ/RFX3 グローブ
FIVE ファイブ/RFX3 グローブ
SIDI シディー/VERTIGO(ベルティゴ) オンロードブーツ
SIDI シディー/VERTIGO(ベルティゴ) オンロードブーツ
Sena セナ/20S ブルートゥースコミュニケーションシステム/インターコム
Sena セナ/20S ブルートゥースコミュニケーションシステム/インターコム
RK /メガアロイX ブレーキパッド
RK /メガアロイX ブレーキパッド NSR250

俺は毎回、コレ入れてます。

LIBRAPRO  /BARK-SP M-9 チャンバー
LIBRAPRO /BARK-SP M-9 チャンバー NSR50

Nチビのチャンバーと言えばコレやで?

SHIFT UP シフトアップ/レーシングリアショック
SHIFT UP シフトアップ/レーシングリアショック NSF100

サスをOHするよりコッチのが安いことも。

CF POSH CF ポッシュ/RACING C.D.I. スーパーバトル
CF POSH CF ポッシュ/RACING C.D.I. スーパーバトル NSR50

ノーマルのNチビに手を入れるならまずコレから。 YAMAHA ヤマハ/オートルーブ スーパーRS 1L
YAMAHA ヤマハ/オートルーブ スーパーRS 1L
MOTOREX モトレックス/CROSS POWER 2T 2サイクルオイル  M/F3 [1L]
MOTOREX モトレックス/CROSS POWER 2T 2サイクルオイル M/F3 [1L] オフロード車専用
混合仕様のNSR250に入れてる人がちょこちょこいるオイル Hiroko 広島高潤/KZフォーミュラ2[1L]
Hiroko 広島高潤/KZフォーミュラ2[1L]
騙されたと思って入れてみな Jトリップ /ショートローラースタンド
Jトリップ /ショートローラースタンド
悪いことは言わないからメンテスタンドは安物買わずにJトリップにしとけ RSタイチ RS TAICHI アールエスタイチ/RSB267 ウエストバッグ(L)
RSタイチ RS TAICHI アールエスタイチ/RSB267 ウエストバッグ(L)
RSタイチ RS TAICHI アールエスタイチ/RSS006 DRYMASTER (ドライマスター) BOA (ボア) ライディングシューズ
RSタイチ RS TAICHI アールエスタイチ/RSS006 DRYMASTER (ドライマスター) BOA (ボア) ライディングシューズ
タナックス モトフィズ TANAX motofizz/シェルシートバッグMT
タナックス モトフィズ TANAX motofizz/シェルシートバッグMT
にほんブログ村 バイクブログ 東海バイクライフへ
にほんブログ村